桜宮ゴルフスクール 会則


1.総則


第1条(名称・目的)
このスクールの名称は、桜宮ゴルフスクール(以下本スクール)と称して、本スクールの会員が、桜宮ゴルフクラブ内の諸施設を利用して、会員相互の親睦と技術の向上を目的とします。
第2条(所在地)
本スクールの事務所は、桜宮ゴルフクラブ内におきます。
第3条(運営・管理)
本スクールの施設は、桜宮ゴルフクラブ株式会社(以下会社という)が、運営・管理を行います。


2.会員


第4条(会員)
(1)本スクールは会員制とし、会員は、桜宮ゴルフクラブ施設利用約款(以下約款という)に定める約款に基づき諸施設を利用することができます。
(2)本スクールの会員資格は、これを譲渡することはできません。
第5条(入会手続き)
会員は入会にあたって、本会則及び約款の全部を承諾します。会社は事前に会員の資格審査を行い、その後所定の入会金を納入し会員の資格を認められた方を、本スクールの会員とします。
第6条(諸会費・所料金)
会員は会社が定めた諸会費・諸料金を所定の方法で、会社に納入しなければなりません。
第7条(諸手続き)
会員は、契約期間内に会社の定めるところに従い継続・変更の手続きを完了しなければなりません。又会員は入会申込書に記載した内容(住所等)に変更があった場合にも速やかに変更手続きを完了しなければなりません。
第8条(会員除名)
会員が次のいずれかに該当した場合は、会社はその会員を除名することができます。
(1)本会則、約款、その他会社が定める諸規則に違反したとき。
(2)本スクールの名誉を傷つけ、秩序を乱したとき。
(3)諸会費・諸料金の支払を怠ったとき。
(4)入会に際して会社に虚偽の申告をしたとき。
(5)会社が本スクールの会員としてふさわしくないと判断したとき。
第9条(会員資格喪失)
会員は、次の場合に会員資格を当然に喪失します。
(1)会員が退会したとき。
(2)会員が除名されたとき。
(3)会員が死亡したとき。
(4)法人会員の場合、その法人が解散したとき。
(5)経営上重大な理由により本スクールを閉鎖したとき。
第10条(会員証・会費等)
(1)入会金・諸会費・諸料金の金額,支払時期、支払方法等は会社がこれを定めます。
(2)納入した入会金・諸会費・諸料金はいかなる場合においてもこれを返還しません。
(3)利用回数の有無にかかわらず、会員は退会時まで月会費をお支払い頂きます。
(4)会社は、経済情勢等の変動に応じて、入会金・諸会費・諸料金の金額を変更することができ、利用案内において告知するものとします。
第11条(休会)
(1)会員本人の都合による休会は、必ず休会希望月の初日の15日前までに所定の手続きを完了しなければなりません。(代理人による手続きまたは電話による申し出は、受付可能です。)その際、未払い料金のある場合は、完納しなければなりません。
(2)休会期間は、1ヶ月単位で3ヶ月以内の受付となります。
休会期間の延長は、1回限り、最長3ヶ月以内でお受け出来ますが、通算の休会期間が6ヶ月以上になった場合には、一時退会のお取り扱いとなります。
(3)休会期間が過ぎますと、休会明け月(スクール受講再開月)からの月会費を請求することになります。
  この場合、再開月の前月28日に前払いで引き落としとなります。
第12条(退会)
(1)会員本人の都合による退会は、必ず退会希望月の初日の15日前までに所定の手続きを完了しなければなりません。(代理人による手続きまたは電話による申し出は、受付可能です。)その際、未払い料金のある場合は、完納しなければなりません。 (2)会費を3ヵ月以上滞納した場合は、退会扱いとさせていただきます。(但し、滞納分については、未払い料金と判断し、ご請求させていただきます。)
第13条(営業時間)
営業時間は別途定めます。但し、臨時に時間を変更する場合は、原則として2週間前までに施設内に掲示いたします。
第14条(休講)
(1)本スクールは、年末年始を定期休講日とします。
(2)会場整備、法定点検、イベント関係等、又その他止むを得ない理由により臨時休講することがあります。
第15条(施設の閉鎖)
会社は次の理由により、本スクールの全部又は一部を閉鎖する事があります。
(1)気象、災害等により、開講が不可能なとき。
(2)施設の改造又は修理のとき。
(3)経営上、重大な理由が生じたとき。
第16条(入場禁止・退場)
会社は、会員が下記の項に一つでも該当する場合は、その会員の入場禁止及び退場を命じることができます。
(1)飲酒及び酒気帯の方。
(2)刺青のある方。
(3)健康状態を害しており、運動することが好ましくないと判断されるとき。
(4)他の施設利用者に迷惑をかけると判断される時。
第17条(損害賠償)
(1)会員が本スクールの施設利用に際して、本人又は第三者に生ぜしめた人的・物的事故については、会社は一切損害賠償の責を負いません。
(2)会員が、本スクールの施設利用に際して、会社又は、第三者に損害を与えた場合、速やかにその損害賠償の責に任じるものとします。
第18条(盗難)
会員が、本スクールの利用に際して生じた被害については、会社は一切損害賠償の責を負いません。
第19条(紛失・忘れ物)
(1)会員が、本スクールの利用に際して生じた被害については、会社は一切損害賠償の責を負いません。
(2)会員の忘れ物については、一定期間(7日間)保管した後、警察に提出させていただきます。
第20条(会則の改定)
会社は必要と定めた場合、本会則の改訂を行うことができます。尚、改定内容はその内容を施設に提示したときから全会員に適用されるものとします。
第21条(おためしスクール・ぷちスクール)
本スクールは、会社が認めたお客様(おためしスクール・ぷちスクール)に施設をご利用頂くことができます。尚、この場合、別に定めた施設使用料金をお支払いいただき、ご利用に関しては、会員の資格に準じます。
第22条(利用案内)
本会則に定めない事項については、別途「桜宮ゴルフスクール会員様へのご案内」に定めます。
第23条(附則)
(1)本会則に定めない業務上必要な細則の制定並びに改正は、会社においてこれを定めます。
(2)本規則は平成23年9月1日より実施します。